情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース > スポンサー広告 > 期待をうわまわる、商品やサービスを提供せよ> ある起業家の告白 > 期待をうわまわる、商品やサービスを提供せよ

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待をうわまわる、商品やサービスを提供せよ

2012年07月07日(土)

その価値に見合ったサービスを提供するなんて甘い考えは捨てろ。
そんな甘い考えである限り、あなたはいつまでたっても成功できない。

期待を上回る価値を提供しなければならない。

期待通りでは、感動がない。

期待以上のサービスにより初めて人は感動を覚える。
感動を覚えるということは、少なからず印象に残る。

そして印象に残るからこそ、また次もお金を払いたいと思う。

それは即ち、信用につながる。

信用があるからこそ、お客は安心してお金を払ってくれる。
だから、お客に対しては常に120%の感動を与えなくてはならない。

期待を上回るサービスというのは案外難しいが、
その感動が大きければ大きい程、あなたの、あなたのビジネスの
ファンになってくれる可能性が高い。

あなたのビジネスに感動があるのか。
もう一度良く考えてみてほしい。

もしあなたのビジネスに感動がないのであれば
そのうちお客は逃げていく。

それは言い換えれば、この先今のままではビジネスを継続していく事は
難しいということを意味する。

今は大丈夫と思うのは危険だ。

それは、今はもう次の瞬間には過去になってしまっているからだ、
今は今しかありえない。

少しでも期待をと考えると、結局それは平凡なビジネスで終わってしまう。
そうではなくて、常に最大の期待を上回るものを与え続ける事だ。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。