情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース > スポンサー広告 > ひとは必ずしも本当にいいものを求めていない。> 歩く起業家の、ちょっと変わった自己紹介 > ひとは必ずしも本当にいいものを求めていない。

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとは必ずしも本当にいいものを求めていない。

2012年07月03日(火)

少しだけ昔のことを話そうと思う。

私は20歳の頃に始めてビジネスを起こした。
私の最初のビジネスは健康器具や健康食品を
扱うビジネスだった。

本当に健康に良い物だけを取扱い、売りさばく。
単純に言えばそんなビジネスだった。

ただし、在庫は一切持たない。

そのかわり、月々のノルマがあり、
それを売りさばく事が出来ない場合は、
自身で補填する。

そんなビジネスだった。

健康に良い物は多少値が張る。
いや多少どころではなく、実際はかなり値がはる。

在庫をもたないというのは良い響きに聞こえたが
実際は、ノルマがある分、在庫を抱えているようなものだった。

今までビジネスを経験した事のない者達による、素人に毛が生えた
程度のビジネスが上手く回るはずがない。

仲間を数人募り始めた、今思えばビジネスとは到底よぶ事の出来ない
よちよち歩きの事業は上手く回る事なく頓挫した。

私はこの失敗でいくつものことを学んだ。

私にとって始めてのビジネスで学んだ事を、あえてここでひとつあげる
とするならば人々は必ずしも、良い商品を求めているものではないという
ことだ。

どんなに健康に良くても、人々は、それに価値を感じなければ
購入に至らない。

いや、それそのものの価値に気がついたとしても、必ずしも
人々はそれを購買しない。

つまり、どんなに優れた商品であろうが、サービスだろうが
人々は様々な条件を考えたうえで購買を決定する。

それには、ブランドがあり、経済的な事情があり、それまでの
体験があり、いろいろな条件を頭の中で考えた上で購入に至る。

人々は必ずしも完璧な商品を求めていない。
人々は必ずしも本当に良い商品を求めていない。

今思えばこれは大事な学びの一つだったと思う。

大事なのは、その人の頭の中ではどのように
考えているのかということなのだ。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。