情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース > スポンサー広告 > 手塚治虫に学ぶ仕事の流儀> ある起業家の告白 > 手塚治虫に学ぶ仕事の流儀

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手塚治虫に学ぶ仕事の流儀

2012年05月29日(火)

手塚治虫という人間を知れば知る程、

「かなわないな」と思う。

だがしかし一方で、

「負けてられないな」という私もいる。

手塚治虫の仕事ぶりについては様々なところで議論が交わされている。
否定的な意見、擁護する意見、肯定的な意見、様々だ。

ここでは、それらを抜きにして、仕事の仕方という部分のみで見る。

その観点からすると、彼は根っからのワーカーホリックであり、生きる事、
そして人生を、真にひとつのこと、彼の場合「漫画」にささげた数少ない者
の一人なのだと思う。

110時間休む事なく書き続けたという逸話があったり、揺れる飛行機の、
しかも座席の間隔が狭い、エコノミークラスの座席で漫画を書き続けていたとか
漫画をかける環境さえあればどこででも書いていた、という話があるくらい
一般的にみれば彼の仕事ぶりは異常だ。

すさまじいほどの情熱だなと思う。
すさまじいほどの熱意だなと思う。

彼はもちろん、天才だと思う。
そして、天才なのに、あそこまでやりきっている。

いや、あそこまでやることができたから天才なのか。
それはわからない。

ただひとつ言える事は、仕事には情熱や熱意が必要だということだ。
仕事の成果を決めるのは、真に、その情熱や熱意なのだ。

これは、様々なところでいわれており、いささか陳腐な表現に思えるので
私自身その言葉を避ける傾向があるが、やはり、何事も「偉大なる思い」
なくしては成し遂げる事等できない。


手塚治虫という人間について、多くの事を話すのはここでは
避ける事とするが、参考として、「ブラックジャック創作秘話」という
漫画を読んでみてほしい。

衝撃を受けるはずだ。

もちろん漫画であるからして、表現方法にはいささか、誇大的なものが
見受けられるが、それを抜きにしても、ものすごいと思う。

あえてここにリンクは貼らない。
あなた自身で探して、読み進んでほしい。


コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。