情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース > スポンサー広告 > 【LESSON 9】具体的なターゲットの絞り方> 歩く起業家の、メンターからの教え > 【LESSON 9】具体的なターゲットの絞り方

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【LESSON 9】具体的なターゲットの絞り方

2012年10月15日(月)

HIROです。


しばらくお休みしていましたが、今日から、
連載を再開しようと想います。


しばらく休んでしまっていたので、内容を忘
れてしまった方や、今回から初めて購読され
る方に向けて、バックナンバーをご用意致し
ました。


一通り、復習されてから、今回の記事を読ん
で頂くと、より一層理解が深まるはずです。


▼『とある国に住む起業家のレッスン』▼

http://aearthwalker.blog.fc2.com/blog-entry-182.html


この連載は、今後ネットビジネスをきちんと
運営し、安定した収益を生み出すための、要
するにネットビジネスを成功させる上で非常
に重要なエッセンスをちりばめています。


まず、熟読してください。必ずあなたのビジ
ネスに役立てて頂けると自信を持って言えま
す。


また、一度読むことで満足せず、わからない
ことや疑問に想ったことは、ご自身で調べる
か、質問するなりして解決していってくださ
い。


大事なのはわからないことをわからないまま
にしておかず、きちんと解決することです。


また再三のご連絡となりますが、このメール
を返信して頂ければ、私に直接メールは届き
ますが、100パーセントの返信は保証して
おりません。


ピンと来たものには直接返信をさせて頂いて
おりますが、できるだけ一つ一つ丁寧に返事
をさせて頂いている関係で、全てのメールに
対しての返信はお約束できませんのでご容赦
頂ければと想います。


ただし、頂いたメールはすべて目を通してお
りますのでご安心ください。


さて、今日は、ターゲット選定についてのお
話です。今後、より具体的になっていきます
ので、振り落とされることのないように頑張
ってついてきてください。


それでは、はじめます。



第9回 ターゲットはこのようにして絞る。


「例えばです、ここにカレーの専門店と、カ
レー以外も食べる事のできる、飲食店がある
とします」


胸の前に手を出し、握りこぶしを2つ、つく
ると起業家は話しを続けました。


「カレーがものすごく食べたいと思った時に
どちらのお店に行きたいと思いますか?また
どちらのお店がより、おいしいと思いますか
?実際は、総合的なカレー以外のメニューも
ある店の方が味がよかったとしても、人々は
間違いなく、カレー専門店の方がおいしそう
だと感じます」


起業家は片方の手を、ぎゅうっと握りしめ、
そこに力を込めました。


「ここで大事なのは、人々が頭の中でどう思
っているかということなんです。そしてそれ
が、ブランドであり、ひとつの差別化につな
がります」


そういうと、握りしめたこぶしをほどき、キ
リっとした鋭い眼光を私に向けたまま、言葉
をつづけました。


「ただ、それだけじゃまだターゲットが広い
。そこからさらに絞る必要があります。どん
な年齢層に向けたカレーを提供するのか、ま
たあなたが、相手とするメインのお客は女性
なのか、男性なのか、それによって随分と、
変わってきます」


起業家は一言一言に力を込めて、しっかりと
伝わるように強弱をつけ話し続けます。


「店のハード面ファサードから、内装、イン
テリア、そしてソフト面である中で働く人々
それらすべて変わってきます。制服なんかも
かわってきます。例え、同じカレーであって
も提供する料理も変わってくるでしょう。料
理のみせ方、中の具材、全てが変わってきま
す」


少し間を置き、それからこう続けました。


「コンセプトがしっかりとしてくると、そこ
に自然と「キャラクター」がうまれ、それは
「世界観」につながり、命がふきこまれ最終
的に「物語」がうまれます」


そこまで言うと、起業家はいつものように無
邪気な笑顔でニヤッと笑いました。


すると急に「あっ」と何かを想い出した顔に
なり、すぐさま


「そうそう、口コミなんか期待してはいけま
せんよ。多くの飲食店は、それに期待するば
かりに、誰にも知られる事なく消えていきま
す。味は確かなのに、マーケティングが上手
じゃないばかりに、誰にも知られず、つぶれ
ていってしまうんです」


と付け加えました。私がじっと起業家の目を
見据えたまま、次の言葉を待っていると、し
ばらくして起業家は次のように言いました。


「少し、抽象的すぎますね。もっと具体例を
あげた方がわかりやすいでしょうか。まあ、
後でたっぷりと具体例をお話ししましょう」


そういうと、起業家はまた目の前のパソコン
に向かい、カタカタと音を鳴らし、自分の仕
事にとりかかりました。


私も、パソコンに向かい、書きかけの原稿を
仕上げる為にひたすら書き続けました。


気がつくと、2時間、いや3時間ほど時計の
針が進んでいました。


ただ、無言のまま、私とKEN、そして起業家
の3人はカシャカシャとパソコンのキーボー
ドを叩いていたことになります。


起業家は両腕を肩の上にのばすと、右へ左へ
と大きく伸びをし、ふぅっと深くため息をつ
きました。


すると、次のように言いました。


「HIROさん、KEN、少し散歩しませんか?」


・・・


夕方近くとなっていましたが、まだまだ外は
暑く、ちょっと歩いただけで、汗がにじみで
てきます。


事務所の周りには、家々が連なっており、少
し歩くと、大きな道路、公園、それに木々が
生い茂っている茂みが至る所にみられました。


私たちは、適度なペースをたもちゆっくりと
時間をかけ、歩きながら話し続けました。


「さて、どんなビジネスも基本は同じです。
先ほどの話をネットメディア運営におきかえ
てみましょう」


起業家は、ホッホッと、歩きながら言葉をつ
づけました。


「カレー以外も食べる事の出来る飲食店は、
総合的なサイトです。広く浅くですね。対し
てカレー専門店はカレーの事ならどこにもひ
けをとらないカレーを愛する人全てが満足で
きるサイトです」


脇道を進んでいくと、急に大通りに出ました。
そこにはたくさんの車がものすごいスピード
で行き交っています。


起業家はものともせず、車の音に負けないよ
うに声を張りあげ、話し続けます。


「そして、さらに落とし込みましょう。それ
だけでは、まだターゲットが広すぎます。ど
のようなカレーのサイトにするのか?カレー
ひとつにしても、インドカレー、ビーフカレ
ー、野菜カレーたくさんあると思います」


車がやんだのを機に、私たちは、向こう側へ
さっさと大道路を横切りました。


「ここではわかりやすく、野菜カレーという
ことにしましょう。では野菜カレーのことな
ら、誰にも負けないWEBサイトをつくるとし
ましょう。次に決めるのは、どんなひとが
あなたのメディアをみてくれるのだろうかを
考える事です。野菜カレーに興味のある人は
おそらくその味はもちろん、健康に興味のあ
るひとでしょう。では健康に興味のある人は
いくつくらいの年齢の方なのでしょうか?
またそれは男性の方なのでしょうか?女性の
方なのでしょうか。それ次第で随分サイトの
印象も変わってくると思います。色使いから
文体、表示される画像、全てかわってきます」


体全体を使い、表現し、なおも話は続きます。


「ここでは例として、カレーをあげましたが
もちろん、あくまで例です。このままいって
もうまくはいきません」


まっすぐ目を前に見据えたまま話し続けまし
た。


「ただ、「誰に」「何を」「どのように」と
いうことを忘れては行けません。それがター
ゲットをしぼるということです。そして先ほ
ども言ったように、万人に受けるメディアを
目指してはいけません。そうすると浅いメデ
ィアになってしまいます。そうではなく、一
部の人から熱狂的に支持される、深いメディ
アをつくることです」


ふと、KENをみると、何か考えごとをしてい
るように、じっと一点をみつめていました。


KENはいつになく真剣な面持ちで話を聞いて
いたのです。


「例えば、これを情報ビジネスにおきかえる
ことも可能です」


そこで、人差し指をくいっと空高くあげまし
た。


「誰彼関係なく、どんな商品でもお金になる
ものなら販売している人がいます。FX、情報
ビジネス、アフィリエイト。それではダメで
す。もちろん、その方が相手にしているお客
さんや、その方の提供しているメディアの規
律にのっとって行っているなら構いませんが
それもなく、ただ「お金を稼ぐ方法」という
メディアを創り上げてしまうと、それは総合
的なメディアということになってしまいます」


頭を横にふり、「それではダメなんです」と
いう素振りをみせました。


「それよりも、まずは、何らかの分野で特化
したメディアを創る。そして、タイミングを
みて、徐々に広げていく。それが、特にこれ
からの時代において、必要なメディアのつく
りかたであり、個人の方がネットで大きく稼
いでいくために必要なことです」


それから次のように言葉を続けました。


「今いったところに、先ほどの「世界」をつ
くりあげる。すなわちあなただけの独自の世
界をつくりあげる。キャラクター・・・あな
たの持ち味を生かしてつくりあげるといって
も、「だってばよ」とか「なんとかだぴょん
」とか、どっかの漫画で出てきそうな、そう
いう浅はかなキャラクター設定ではなく、あ
なたを表現するためのキャラクターです。個
性と置き換えてもいいかもしれませんね」


漫画に出てくるキャラクターを真似た後、起
業家は照れ隠しからなのかガハハと笑いまし
た。


「その個性はどのように創り上げるのかはも
う頭を使い、紙の上、もちろん、パソコンの
メモ帳などでもかまいませんが、そこにひた
すら、落とし込んでいくしか方法はありませ
ん」


そこまで言うと、起業家は、


「そうそう、メモ帳はものすごく便利です。
これは、私の周りにもさんざん言っています
が、パソコンを開いた時に、一体何をするの
かと言えば、メモ帳をまず開いて、考えや、
思い、そういったことを書き出していくべき
なんです。インターネットを開く癖を付けて
いる人は改めた方がいいです。まずはメモ帳
。これ徹底するようにと言いたいですね」


そこで起業家は、メールのチェックは忘れな
いようにね、といじのわるい顔をしました。


「さて、ここまでは、基本中の基本です。ま
だまだ、お話ししたい事がたくさんあります
。時間はたっぷりありますしね」


それから1時間程でしょうか。私たちは歩き
ながら話し、頃合いを見て事務所に戻りまし
た。


そしてその後、また先ほどと同じ様に夕食の
時間になるまで、黙々と仕事を続けました。


次回につづきます。



FROM:HIRO


▼現在日刊にて更新中。『ちきゅうを歩く、ある起業家の告白』
WEBサイト:http://aearthwalker.blog.fc2.com/


▼自由なライフスタイルを手にする為の「自由への扉」登録はこちらから
http://tinyurl.com/cujs2lh

▼「自由への扉」購読解除はこちらから
http://tinyurl.com/bs8sq75


 ▼無料書籍のダウンロードは以下から

 『99%のひとが知らない たった1%の成功の法則』
    http://xam.jp/get.php?R=26823


つぶやき:


別に今回の話に合わせた訳ではないのですが
友人が12月に東京の品川で新しく飲食店を
出店するということで、西麻布のアジトで一
緒にお酒を飲んできました。


形態はカフェバーに近いレストランというこ
とで非常に楽しみです。


私の周りでは、ここ2年くらい、ゼロから新
しく飲食店を新規出店するという友人があら
われなかったので久しぶりの朗報に、


「よかったね。夢かなったね」


と想うと同時に


「本当に大変なのは、これからだぞ」


と、想い激励しました。


とても面白いカタチの飲食店になりそうなの
で今後の展開次第では、出資や一緒に運営す
ることで様々な企画を行うことも考えていま
す。


そういうわけで12月から、新しい職場が1
つ増えそうです(店の席を陣取り、優雅に仕
事をしよう(笑))


オープニングは100人規模で盛大にやると
いうことなので、今から非常に楽しみです。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。