情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース > スポンサー広告 > 【メディア運営の極意】「こだわり」をみつけ、オリジナルをつくる。> ある起業家の告白 > 【メディア運営の極意】「こだわり」をみつけ、オリジナルをつくる。

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メディア運営の極意】「こだわり」をみつけ、オリジナルをつくる。

2012年10月10日(水)

お客は一体、何のためのあなたのお店にいかなければなら
ないのか?

今の時代、特にここの部分をつきつめて考える必要がある。

なぜなら、いろんなモノやジョウホウが溢れかえっている
なかで、その理由を的確にお客の頭の中に提示してあげる
ことが非常に大事だからだ。

一通り生活に必要なモノが行き渡り、選択肢が多くなった
今の時代において、その「何故?」の部分に焦点をあてな
ければならない。

例えば、あなたが「カレー」屋さんをはじめたとしよう。
だが、今の時代において、「カレー」は珍しい食べ物でも
何でもなくそこら中に溢れている。

そんな飽和状態の中、何故、あなたの店に、あなたのお客
は足を運ばなければならないのだろう。

味はもちろん、サービス、店の雰囲気、それらに考えられ
る理由は沢山あると思う。

それを考える。
その時にメモをとる。

何度も何度も、メモをとり、自分の頭の中の思いを書き出
す。すると段々とみえてくるものだ。

そして、それを表すのが「こだわり」である。

今の時代「こだわり」がないと、お客は見向きもしない。
逆に言えば。お客にあなたのお店対する「こだわり」を
感じとってもらえれば、それは足を運ぶ理由となる。

そして、オリジナルはその「こだわり」から生まれる。

あとはその「こだわり」を対象となるお客に届けていく
方法を考える。

ここで多くの場合は、広告を使う。
つまり、対象となる顧客に向けてあなたのメッセージを
送る過程に置いて広告を使う。

それはあなたのオファーである。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。