情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース > スポンサー広告 > 【メディア運営の極意】信用と信頼について> 歩く起業家の、WEBメディア運営方法 > 【メディア運営の極意】信用と信頼について

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メディア運営の極意】信用と信頼について

2012年10月07日(日)

少し話が脱線してしまうが、メディアを運営するにあた
ってとても大事な話があるので割って話をさせて頂く。

どんな話かというと、信用と信頼の話である。

信用と信頼は違う。

信用は、信じるている状態であり、
信頼は、信じて頼りにする事である。

もしあなたがメディアを運営するのなら、信用と信頼の
違いをしっかりと理解しておかなければならない。

あなたのメディアは信用できるメディアなのか、そして
信頼できるメディアなのか。お客は、信用、または信頼
できない相手には絶対にお金を落とさない。

例えば「告白」のような、メディア運営を試みるのなら、
何よりも信頼される事が大切だ。

信用のレベルであってはならない。

もう一歩先にある、信頼のレベルまでたどりつかなけれ
ばならない。

信用される為にはどうしたらいいか?
信頼される為にはどうしたらいいか?

その方法論を言葉で全て伝える事は不可能だ。方法論は
ひとつではないし、極論すれば、人によってそれは違う。

機会があれば私なりのそう言った方法を提示して行こう
と思っているが、今はそのつもりはない。

何故なら、それらは結果として、信用、信頼されるだけ
であって、わざわざひとから「信頼や信用される方法」
というような馬鹿げた方法を提示することではないと思
っているからだ。

だが、少しだけそれに対するヒントを言えば、

「あなたはどんな人の事を信じますか?」
「あなたはどんな人の事を頼りにしますか?」

これらを人から教わるのではなく、考える事だと思う。

結局はそういった問いを自らに立てて、考え突き詰めて
行くしかない。

ネットにはいろんな方法や、ノウハウが氾濫しているが
極論すれば、「信頼」をしてもらわなければ、それらの
ノウハウは意味をなさない。

それなのに、皆、ただこうすれば儲かるとか、こうすれ
ば不労所得を得られるとか、表面的なことばかりいって
いる。

そんなうわべっつらばかりのノウハウをノウハウというの
も、すごくおかしな話だと気がついてもらえるだろうか。

ネットで稼ぎ方をみると、「私が●●日で●●円稼いだ方法」
といものがあるが、ほとんどの場合、そんなものは付け焼
き刃的なものに過ぎない。

その場限りのビジネスごっこだ。

きちんとしたビジネスとして行って行きたいのであれば
その場しのぎの使えなくなったら切り捨てて、またすぐに
次のノウハウに切り替える方法を脱却しなければならない。

そもそも、そんなものがノウハウとは言わない。
そんなものをノウハウと言って恥ずかしいと思わないのか。

私はそう思う。

もちろん、あなたが今いったような方法を好んで、今後も
そのようにやって行きたいというのであれば止めはしない。

だが、私は、そういったやり方ではなく、しっかりと地に
足の着いたビジネスの創り方を教えて行く。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。