情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース > スポンサー広告 > 成功する為に必要な要素のひとつは政治力> ある起業家の告白 > 成功する為に必要な要素のひとつは政治力

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功する為に必要な要素のひとつは政治力

2012年05月11日(金)

あまり言われていないので言ってみる。
成功する為に必要なことはたくさんあるが
その中でも、私は「政治力」が大きな要因を占めると
考えている。

何故そう思うのか。
その理由を少し話そうと思う。


数年前、私は東京都内にあるコーヒーショップに何度か足を運んでいた。
コーヒーショップといっても、店内はカウンター席だけ。

お客はみな一列に横並びになるつくりだ。

インテリアに非常にこっており、店内は全てアンティーク仕様。
その中でもレジは、今はどこにもみられない非常にアンティークな
一品だった。

私はその店を知ったのは知人の紹介だったが、
私が通った理由はひとつ。

実は、その店は、様々な業界の人脈を持っていた。

そんなことだから、マスターは、非常に見聞が広い。
様々な業界の裏事情まで知っていた。

そんなとき、ある話題に話が及んだ。
それは、ある芸術家の話だった。

恥ずかしながら、私には芸術はわからない。
どれもこれも同じようにみえ、意味不明なものにうつってしまう。

だからこそ、それを分つものについて意見を訊きたかった。

私は思いきって見聞の広いマスターに訊いてみた。

「マスターは結局のところ、売れる芸術と、売れない芸術を分つものは
一体なんだと思いますか?」と。

マスターは少し考えたあと、こう答えた。

「一言で言えば、政治力ですね」


「例えばある有名な写真家の方がいます。私もその方の個展に呼ばれ写真を
拝見したのですが、どうにも違いが分からない。そこで私は、その個展に
来ていた、知り合いの写真家に訊いてみたんです。彼の写真のどこがいいの
だろうかと・・・」

グラスを拭きながら続ける。

「すると、なんて言ったと思います?」

マスターは苦々しく笑い続ける。

「わからない、そう答えたんですよ」

そのあとマスターはこう続けた。

「結局のところ、自分を他人に対して、如何によくみせるかが
成功する為には必要だと思います。その写真家の例で話すと
有名な写真家や芸術家を集め、自分の個展に招待する。すると
周りには、よくわからないのですがすごい人にうつるのです」

そして最後に言った。

「いや、いろいろな業界の人を見てて思いますが、成功されている方
っていうのは自分を良くみせる手段、方法をよくご存知です」


では、政治力とは何か?


例えば、国語辞典を引くと

1)政治を進めていく手腕・力量。
2)自分や相手の立場をうまく利用して巧みに物事を進めていく力。

とある。

この2つの中で、私が考える「成功する為の政治力」に比較的近いのは
「2)自分や相手の立場を利用して巧みに物事を進めていく力」だと思う。

何はともあれ、政治力が成功する為には必要不可欠だ。
実力だけで成功できるのではない。

政治力もひろく言えば、実力なのだろうが、世の中一般に言う実力とは
違った力が大きな要因を実は占めるということを今回は言いたかった。

もう一度言う。

成功する為には、政治力が必要だ。



コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。