情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】世界をまたにかける起業家の「告白」

2012年10月04日(木)

世界中をまたにかける起業家にインタビュー
をしてきました。

彼との出逢いは6年前。

きっかけは一通のメールでした。私から彼に
コンタクトをとり、話を伺ったのが始まりで
す。

彼は、当時から海外に拠点を構えており、日
本にくる機会はあまりありませんでしたが、
日本に帰ってこられるたびにお互い時間をつ
くり、逢い、お互いのビジネスについて話し
理解を深めてきました。

今年の1月。そんな彼と、実に6年ぶりに逢
う機会が設けられました。

きっかけは、また私が一通のメールを送った
ことによります。深夜仕事をしていると、ふ
と彼のことが気にかかり、久しぶりにメール
をしたのです。

返事は朝早くに帰ってきました。

何度かやり取りをし、私は彼に逢いに、彼の
住む国を訪れました。

そして、そこでお互い話した内容は、とても
衝撃的なことであり、これからインターネッ
トを使いビジネスをする上で避けては通る事
のできない非常に重要なことでした。

この話を伝えなくては、とは思っていたので
すが、どのような形で伝えて行けばよいのか
と考えているうちに、ただ、ただ時間だけが
流れていきました。

そして月日が経ち、ふとしたきっかけから以
下の物語が出来上がりました。

是非、ご覧頂き、あなたのビジネスのお役に
たてていただければと思っています。

また現在、ウェブマガジンで先行配信してお
りますので、是非お気軽に購読ください。


▼ 無料WEBマガジン「自由への扉」 ▼














プライバシーポリシーはこちら


▼ 【LESSON 1】きっかけは一通のメールから

あらすじ:

▼ 【LESSON 2】ショッピングモールでの談話

あらすじ:

▼ 【LESSON 3】ノウハウなんて出尽くしています

あらすじ:

▼ 【LESSON 4】必要なノウハウは全て無料で手に入れられます。

あらすじ:

▼ 【LESSON 5】持ち味を生かし、自分だけの世界をつくる。

あらすじ:

▼ 【LESSON 6】ヒットする商品はこうしてうまれる

あらすじ:

▼ 【LESSON 7】ネットでウケる「キャラクター」の打ち出し方

あらすじ:

▼ 【LESSON 8】ターゲットを絞り、一部のひとに熱狂的に支持されるメディアをつくる

あらすじ:

※現在連載中

スポンサーサイト

【お知らせ】ビジネスの本質と、マーケティングについて

2012年10月02日(火)

HIROです。


今現在、自由への扉の特別編で、今年のはじ
めに、とある国で、とある起業家と話した内
容を物語にしてお話ししていますが今回はち
ょっと正しく伝わっているのか不安になった
ので急遽、号外という形でメールを書くこと
にしました。


連載中は極力、こういった、号外という形で
メールを出すのは避けようかと思っていたの
ですが、今回、それをやぶってまでして伝え
なくてはいけない必要性を感じたので、今メ
ールを書いています。


何故、連載中は極力、号外という形で今回お
話するような、私の主義主張をさけていたの
かというと、コレをしてしまう事で、その媒
体が持つ、メッセージにブレが出てしまう可
能性があるためです。


物語を紡ぐ以上、私の頭の中の話をする事に
は違いはないのですが、極力、物語以外の場
で私自身の視点からこういった話は避けるべ
きだと考えていたのです。


何かを真剣に言葉にして伝えようとする場合
伝えるメッセージはひとつでなければならな
い。


正しくメッセージを伝える為に、物語以外の
場では極力、メッセージを伝える事は避けよ
う。


そう思っていました。


では、そこまでして話さなければいけないこ
ととは一体どんなことなのか。


まず、話を整理しましょう。


現在、自由への扉ではネットビジネスに限ら
ず、ビジネスを行って行く上で大事なエッセ
ンスを散りばめたノンフィクションの物語を
展開しています。


一話、一話に伝えたいメッセージが込められ
ており、この物語を正確に受け止めて頂けれ
ば、あなたのビジネスにうまく活用して頂く
ことが可能であると、自負しています。


それも活用して頂く事で、飛躍的に成果を出
して頂く事の出来るノウハウを提供していま
す。


ただし、今私が言ったように、それは正確に
受け止めて頂いている方に限定されます。


間違った解釈をされてしまった場合、それは
効力を発揮しません。


正しくメッセージを受け取る必要があります。


おそらくいろんなところでビジネスとは、な
んぞやとか、ビジネスはこうあるべきである
とか、これからのビジネスは・・・うんぬん
言われているかと思います。


もちろん、そのほとんどは正しいと私自身も
思っているし、私がみた限りではほとんどの
場合間違っていないと思います。


(ほとんどの場合というのは、中には、明ら
かにおかしいひともいるからです(笑)そう
いう媒体をみるたびに「残念だなあ、友達に
なれそうもないな」と思ってしまう(笑))


では、どうしてそんな「違い」が生まれてき
てしまうのかというと、これは単純に「考え
方」の違いだったりします。


つまり、「自分が考えている、正しいと思っ
ている主義主張の違い」です。


なんでもそうですが、世の中には「いろんな
考え方」があります。


そして、世の中には、絶対的な答えと言うも
のはありません。


一方では「正しい」と思われている事も、一
方では「間違い」と言われたりします。


世の中はそういうふうに出来ているし、それ
で良いのだと思います。


私たちは、小学生から、いや、さかのぼれば
幼稚園のころから、何が正しくて、何が間違
っているというような教育をされて生きてき
ます。


しかし、社会に出れば、それは変わります。


「あるコミュニティでは正しかったことも、
違うコミュニティでは間違っている。実は世
の中には絶対的に正しい事はないんだ」とい
うように変わっていく。


それぞれが、それぞれの主義主張を持ってい
るし、何が正しくて何が間違っているかなん
てことは本当は存在しないんだと。


これが顕著に出ているのが「政治」の世界だ
と思います。


一般的に考えて、日本をよくするために政治
があるわけだから、「もっと仲良く協力して
やればいいじゃん」と皆当然のように思う。


ただ、物事は、そう単純にはいきません。


私は、政治について語れるほど、その分野に
おいての知識はないし、専門家ではないので
そこまで専門的なことはしりません。


ですので政治について詳しいことに言及する
ことはさけますが、要するにココで言いたい
のはものごとには「様々な考え方、とらえ方
がある」ということです。


さて、ここから少し、核心をついていきます。


今、「成功するために必要なことは」うんぬ
ん言われています。そして、そのためのノウ
ハウというものが有料、無料に関わらず、た
くさん出ています。


そして、そこではいろんなことがうたわれて
います。


これからの時代は・・・とか、今、この稼ぎ
方が・・・・とか、これからは動画マーケテ
ィングだ・・・とか、Facebookが・・・と
か。


私からすれば、「ふ〜ん」という感じです。


それよりもさ、もっと大事なことあんじゃな
いの?ということを思いながら、いつも遠く
で眺めている。


そして、みんな、マーケティングに踊らされ
てしまっているな・・・とも思っている。


何故そんなことが言えるのかと言えば、前回
までの物語を読んで頂いている方は、すでに
お伝えずみですがそれらは時代が生んだ一過
性のツールに過ぎません。


時代の表面をなでるだけのうわべっつらの部
分に過ぎない。


本質は違うところにある。
では、その本質とは何か。


ビジネスの本質は、非常にシンプルです。


それはただ一つ。


「「価値」を提供すること」
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この一言に集約されます。


言ってしまえば、どんなビジネスもこの一言
でまとめられます。


そして、どのように価値を提供していくのか
という部分において、マーケディングだった
り様々な手段を駆使して、自分の伝えたい相
手に、正確に伝えていくツールを通し、その
価値を提供していく。


そして大事な事は、それらサービスと商品を
提供した対価として、お金をもらい、更なる
発展をうながすために投資する。


いってしまえば、ビジネスはコレだけなんで
す。


ここにビジネスの本質があります。


じゃあ、どうやって自分の伝えたい相手に、
正確に伝えていくの?と言う部分で、先ほど
のTwitter、Facebook、動画、などが出て
きます。


はじめに、それらのツールがあるわけではな
く、ただしく情報を伝達し購買していただく
ための手段としてそれらが存在します。


つまり、「広告」となりうるのです。


Twitter、Facebook、動画、それらは時代
の流れの中の、「広告手段」のひとつに過ぎ
ません。


それを知らずして、「今は動画が熱い!」と
いってとびついたり、「Twitterで!」とか
飛びついてはいけません。


そういう方は、言葉は悪いですが搾取の対象
となります。


あたらしいものがでるたびに言葉巧みに煽動
され、搾取されてしまう。


それでは、いつまでたっても、自分の力でお
金を稼ぐ力を身につける事など出来ない。


今現在も、たくさんのところでセールスプロ
モーションがされておりますが、それらが正
しい悪いは抜きにして、購入を考えられてい
るのでしたら、よく検討するべきです。


本当に必要なのかどうかを。


何故なら、ノウハウなんてもうとっくに出尽
くしているし、それらを購入したからといっ
て必ず、あなたにいい結果をもたらすわけで
はないからです。


特に情報ビジネスに置いては、ネットワーク
ビジネスと似たような手法がとられており、
ある意味では、夢をうることが成功するため
には必要です。


そのため、とんでもない、話が蔓延している
ことが事実です。しかも、これはインターネ
ットという特殊な媒体を使うことによって、
その力が助長されています。


多くのひとが「気持ち悪い」と思うのはそう
いうところからきています。


「胡散臭い」「常識はずれだ」「気持ち悪い」
これらを打ち破る事が出来ない限り、今後こ
のビジネスに未来はないかと思います。


話をまとめます。


ビジネスとは、「価値を提供すること」です。
そしてその価値を求めている人に、ただしく
伝える手段として、マーケティングがありま
す。


だから、そもそも、そこに価値がなければ、
ネットに限らず、稼ぐ事はできません。


今後、機会をつくり、これらについてはもっ
と具体的にお話していこうと思っています。



では、少し中途半端な終わり方ではあります
が(笑)今回はココまでとします。


またメールします。



追伸:感想は随時受け付けておりますので、
お気軽にメールを下さい。



FROM:HIRO


▼現在日刊にて更新中。『ちきゅうを歩く、ある起業家の告白』
WEBサイト:http://aearthwalker.blog.fc2.com/


▼自由なライフスタイルを手にする為の「自由への扉」登録はこちらから
http://tinyurl.com/cujs2lh

▼「自由への扉」購読解除はこちらから
http://tinyurl.com/bs8sq75


 ▼無料書籍のダウンロードは以下から

 『99%のひとが知らない たった1%の成功の法則』
    http://xam.jp/get.php?R=26823

【お知らせ】現在サイトマップの作成を進めております。

2012年09月24日(月)

HIROです。

今日はお知らせがあって、リアルタイムで更
新しました。


現在、とても嬉しいことに、当サイトを利用
される方が増えてきております。

なかには時間をかけ隅々までご覧頂いている
方もいらっしゃるようで、本当に嬉しい限り
です。

ありがとうございます。

「ちきゅうを歩く、ある起業家の告白」は現
在日刊で更新されており、今後もそれは継続
していく所存です。

しかし、記事の数が増えるにあたり探したい
記事をなかなか探すことができないという声
が今後上がっていくことが予想されます。

サイトを移行したり、様々な方法を考えては
おりますが現在の結論から言うと、このまま
「FC2ブログ」のサービスを継続して利用さ
せていただく方針であります。

もちろん、これは現段階での結論であり、今
後サーバーをかり大幅にサイトを改変するこ
とも視野に入れております。


だが使い勝手の悪いサイトを放っておく訳に
はいきません。

ユーザビリティの低いサイトはどんなにコン
テンツが充実していようが、あまりいいもの
ではありません。


そこで簡単ではありますが現在サイトマップ
の作成を進めております。

通常のサイトマップではなく、はじめて当サ
イトを訪れた方に順を追ってご覧頂くだけで
当サイトはどのようなサイトなのかを理解し
ていただけるようなロードマップ形のサイト
マップの作成を進めています。

早い段階で、掲載することが出来るかと思い
ますので、是非楽しみにしてお待ち頂ければ
と思います。

それでは簡単ではありますが、以上とさせて
いただきます。

FROM:HIRO at JAPAN


【お知らせ】無料WEBマガジン「自由への扉」創刊

2012年09月18日(火)

こんにちは、HIROです。

お知らせです。

告知が遅れてしまいましたが、日本時間2012年9月6日に、WEBマガ
ジン「自由への扉」を創刊致しました。

「自由への扉」の創刊目的は、ただ一つ。

それは「3つの自由」を手にして頂くこと。
私が言う「3つの自由」とは

1、移動の自由

2、時間の自由

3、お金の自由

以上の「3つの自由」のことをさします。

当WEBサイト「ちきゅうを歩く、ある起業家の告白」でももちろんその方
法を伝えていきますが、WEBマガジンという極めて排他的な(限られた人
しか読むことの出来ない)媒体を使うことによって、より短期間で、より
具体的に、そして何よりも購読された方が結果を残して頂くことに焦点を
あわせ、定期的に配信させて頂きます。

当WEBサイト「ちきゅうを歩く、ある起業家の告白」は比較的情報をバラ
バラに扱っていますが、WEBマガジン「自由への扉」では、より体系的に
順を追って「3つの自由」を手にして頂く方法を伝えていきます。

現在、この記事を書いている時点で、2回程、WEBマガジンを通して情報
を発信しました。

1号目のWEBマガジンでは、これからの時代は一体どのような時代なのか
に触れ、その時代を生き抜いていく為には、今後、どのように生きていく
べきなのかを提示致しました。

2号目のWEBマガジンでは、具体的なプランについて述べています。今後
「自由への扉」では、どのような考えのもと、どのような方法を用いるこ
とで「3つの自由」を手にしていくのか。その具体的なプランとルートを
提示いたしました。

WEBマガジン自体は、無料で購読頂けますし、購読解除もいつでも好きな
時にできますので、是非お気軽にお読み頂ければと思います。

▼ 『自由への扉』 ▼














当サイト「ちきゅうを歩く、ある起業家の告白」とあわせて読んで頂くこ
とにより、より理解が深まるはずです。

何故、無料で公開させて頂いているのかと言えば、それはもう一言に集約
されます。

「最強の起業家集団を創るため」

これ以上でも、これ以下でもありません。
その目的を達成する為に、いよいよ、本格的に、動き出します。

以上、簡単ではありますが告知させて頂きました。

FROM:HIRO

※なお当サイトは、今後も日本時間を基準に記載します。


ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。

2012年04月29日(日)

こんにちは。

HIROです。


本日から、「ちきゅうを歩く、ある起業家の告白」をスタートします。
本ブログは、ちきゅうを歩きながら、ビジネスを構築していきたいと
お考えの方に対して、書いていきます。

基本的には、日々私が感じている事を発信していく事になるかと思いますが
私がどのようにちきゅうを歩きながらアイデアをだし、それをビジネスと結び
つけていっているのかが、本ブログをお読みいただく事でお分かりになるかと
思います。


通信が発達した今、世界中どこにいても、ネット環境さえあれば仕事をする
ことが可能になってきました。

例えば、日本では特定のキャリアとの契約がないとWi-Fiが利用できません。
だがしかし、世界的に見ればそんなことはありません。

私が今年に入って、訪れた国、マレーシア、シンガポール、ハワイそのどの
地域でもカフェ等でフリーでWi-Fiに接続可能でした。

私がどのようなことをして、旅をしながら、ビジネスを構築していっている
のか。それを垣間見ることのできるコンテンツに仕上げていきたいと思って
います。


私が何者であるかは、記事を更新していく中でだんだんとわかって頂けると
思います。

私としては、あまり自分自身が何もであるか、明かしたくはないのですが
文章に、そして記事にどうしてもでてしまいますので仕方ありません(笑)

「もしかしたらあの人かもしれない」そう思いながらお読みください。


それでは、簡単ではありますが、本記事を境に、ブログをスタートします。

是非是非、ブックマーク等に入れて頂き、毎日訪れて頂けたら、それほど
嬉しい事はありません。

よろしくお願いします。


HIRO






櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。