情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メディア運営】広告収入の基本

2012年08月25日(土)

広告収入というのは、インターネット場で有名なもので言え
ば、Googleアドセンスというものがある。

先に挙げたGIGAZINEにも、アドセンスが貼られている。
左上、GIGAZINEのマークの調度下の部分に「Ads」と入っ
ているのを確認頂けると思う。

Googleの広告が連動しているのだ。

このアドセンスの良いところは、記事の内容を勝手に推測
して、勝手に、そのターゲットにあった広告を表示してく
れるところだ。

あなたのターゲットに勝手にアプローチしてくれるのだ。
そして、あなたのサイトに訪れたお客が、その広告をクリ
ックしてくれれば、それだけでお金が入るシステムとなっ
ている。

どこの部分が一番クリックされやすいのか、どこに広告を
貼るのが最も効率的なのか?それらのことをここで述べる
事は簡単であるが、今はまだ、語らない。

まずは全体の概要を述べてから、実際にお金を稼ぐ為のシ
ステム的なことを話す。

だから、今はまだ、そういうものがあるのだという程度の
ことにとどめてもらって構わない。

スポンサーサイト

【メディア運営】メディアを立ち上げ検索エンジンに認識させる。

2012年08月24日(金)

世界中を自由に歩き回りながらビジネスを展開する、という
のが当サイトの運営方針のひとつだ。

その方法はたくさんある。

たくさんあるが、現状で、しかも現役でサラリーマンをしな
がら起業を志すというのならば私は、メディア運営をお勧め
している。

メディア運営というのは、自分自身のメディアを持ち、その
メディアを通し情報を配信し、その対価としてお金を頂く方
法である。

たとえば、世界中で愛されているブログ「GIGAZINE」もメ
ディア運営のひとつだ。

▼ GIGAZINE
http://gigazine.net/

GIGAZINEの特長としては、主にパソコン関連の記事で構成
されているが、その他に食べ物の記事等の記事も紹介されて
おり、幅広いユーザー層に向けて配信されている。それもど
れも興味深く、面白い記事ばかりだ。

インターネット場に溢れるサイトから記事ネタを寄せ集め、
自分たちの言葉になおし、記事を書いていく。

これは例のひとつだが、ただそれだけで立派なメディア運営
が成立する。

もちろん、同じサイトは2つといらないので、同じネタを扱
うにしても、違う切り口を考える必要がある。

また、違う記事を扱うとしても、あなたがどのような人たち
に向けて、何をしてあげたいのかをしっかりと考え抜く必要
がある。


その他に、2ちゃんねるの記事をネタ元にして構成してい
るメディア等もある。

(2ちぇんねるの記事をネタ元にしたメディアは2ちゃん
ねるから、差し止めが入ったが・・・)

そして、ここからが重要なのだが、ビジネスとして成り立
っている以上、どこかでお金が動いている。ではこれらの
サイトはどこでお金が動いているのだろう。

実は、これらは、主に広告収入に頼っている。
だからこそ、記事の数が勝負となる。

何故なら、ページの数が増えれば増える程、あなたのサイ
トに訪れてくれるお客が増えるからだ。

何故訪れるお客が増えるのかと言えば、これはいろんな事
が言えるが、ひとつ挙げるとするならば、インターネット
を使うほとんどの人が、Yahoo!やGoogleなどのポータル
サイトの検索エンジンから、自分の探したい情報を入力し
探し求める。

簡単に言えば、記事の数=ひっかかりやすくする、窓口を
増やす行為につながるからだ。いろんなキーワードを元に
お客が訪れてくれるようになる。

そして、もう一つ、予約投稿でも構わないので、出来れば
毎日更新する事。

検索エンジンはどうやら、頻繁に更新されているサイトを
好む傾向にある。

更新頻度が高いサイト程、上位表示されやすくなる。

特にメディアを立ち上げた直後は、記事数も少ないし、検
索エンジンにそのサイトの存在を知られていない。だから
はじめのうちは特に、毎日のように更新を繰り返し、検索
エンジンにあなたのサイトを教えてあげなければならない。


櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。