情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ソーシャルネットワーク」に学ぶ起業

2012年07月01日(日)

映画「ソーシャルネットワーク」を観た人の感想は
様々だと思う。

話が過去にいったり、現在になったり、会話の内容が不明だったり
話の内容がよくわからなかったり、人を選ぶ映画だと思う。

特に盛り上がる要素もなく、全体的に非常に地味な映画
でもある。

だが私はというと、ものすごく楽しめた。

映画「ソーシャルネットワーク」では、Facebookがどのようして生まれ
どのようにして成長してきたのか、ということが、ものすごくざっくりと
かいつまんで描かれている。


アメリカの日本とは比較にならない程の学歴主義や権威主義への強い反感。
親友はファイナルクラブに入会できたのにも関わらず、自分は入会すること
ができなかったという強いコンプレックス。

また、恋人との別れ。

そんなマイナスのエネルギーが根底にあり、それらをバネにして
Facebookはどんどん拡大していった。


映画の内容を、簡潔にまとめると、そんな話である。


だが私が面白いと思ったのは以下の点による理由からだ。

実は映画「ソーシャルネットワーク」にはメディアを成長させる上で
欠かせない要素が盛り込まれている。

それは、対象をかなり絞って始まったということ。

この頃にはマイスペースやフレンドスターなどのSNSは既に存在
していた。

だからどのようにそれを差別化するのかがひとつの
問題となった。

そこで目を付けたのは、学生をターゲットにするということだ。
自分たちが学生であるからに、学生の気持ちは一番よく分かる。

そこにひとつの優位性がある。

そして次に、ただ学生にしぼるだけではなく、ハーバード大学の
学生に絞った。

これも非常に価値がある事だ。

例えば日本で言うならば、東京大学に通う学生に絞ったという
ことになる。東大の人だけが参加できる排他的な招待製のコミュニティ。

そしてさらに、はじめの段階でハーバード大学の中でも由緒ある
ファイナルクラブの一つ、フェニックスクラブに在籍するものに
絞った。

これはどういうことかというと、ハーバードの中でも
超エリートに絞ったSNSだと言う事。

日本に置き換えてみると、東京大学の中でも将来有望な超エリート
だけが在籍するクラブに絞り、その人たちが集まるSNSをつくりあげた。

そう言う人たちとネット上で気軽に、手軽に、クリック一つで
つながる事ができる。

(映画では、異性とやることが目的のひとつと描かれている。
こういった学生ならではの目線が非常に面白い)

盛り上がらないはずがない。


もちろん、その他にも、Facebookが成功した要因は
無限にあげられる。

だがここで言いたいのは、既に出来上がっている市場に
どのようにして食い込んでいくのか、そしてどのようにして
ビジネスを立ち上げるべきなのか、ということだ。


既に出来上がっている市場に勝負を挑む時には、
Facebookのような細かいところをつく事が非常に大事である。

いやそれなしでは、戦っていけない。
同じものは2つと必要ない。

もしFacebookがマイスペースやフレンドスターなどのようにはじめから
広くつくりあげていこうとしていたのなら、おそらく失敗しただろう。

うまくいったとしても、今のような盛り上がりをみせていなかったはずだ。
それは間違いない。

既に出来上がっている市場にどうやって戦いを挑むのか。
観る人からみれば映画「ソーシャルネットワーク」はそんなことも
描かれている映画なのだ。

最後に・・・Facebookの裏には、自由とは裏腹の
アメリカの権威主義や学歴主義に対する反発心があった
というのは実に興味深い話だと思った。

※ファイナルクラブについては以下の記事がわかりやすい。

▼映画『ソーシャルネットワーク』階級社会のアメリカと「ファイナルクラブ」
http://www.facebook.com/note.php?note_id=178893902154133

スポンサーサイト

まずは無料で情報を与え続ける。

2012年06月05日(火)

よく言うマネタイズの話である。

マネタイズとは、国語辞典でひくと


 マネタイズ〖monetize〗

 〘名〙(スル)無料のサービスから始めて、将来、収益を生む事業に
 発展させること。例えばインターネット事業で、コンテンツを無料で
 提供し、多数の利用者を獲得したところで有料コンテンツに移行したり、
 検索エンジンを無料で提供しながら利用者以外から広告収入を得るなど、
 さまざまな方法が考えられている。


と出てくる。

インターネットビジネスではこの、マネタイズという方法が一番効果的
だと私は考えている。

インターネットビジネスに限らず、オフラインでのビジネスでも言える。

例えばその一例として、「地球の歩き方」という日本の旅行者にとっては
馴染みぶかい旅行ガイドブックがある。

今でこそ、値札が貼られ本屋に陳列されている書籍となっているが
実は「地球の歩き方」はもともと無料で提供されていたものだった。

それも今とは違い口コミ型の旅行ガイドブックだった。

DST(ダイヤモンド・スチューデント・友の会)が無料で始めた
サービスの一つだったのだ。

「地球の歩き方」は当時、ダイヤモンド社が行っていた「自由旅行」と
リクルートの「リクルートヤングツアー」その差別化を図る為に生まれた、
体験口コミ型の小冊子だった。

それが時を経て、1979年に、商業出版化した。
結果は見ての通り成功した。

そういう目でみていくと、世の中のほとんどの事業が、マネタイズされている
ことに気がつく。

今流行のFacebookもしかり。

まずは無料で提供して、様子をみて、商業化する。
それが今も昔も変わらぬ、地に足のついたビジネスの構築法である。

櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。