情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】無料WEBマガジン「自由への扉」創刊

2012年09月18日(火)

こんにちは、HIROです。

お知らせです。

告知が遅れてしまいましたが、日本時間2012年9月6日に、WEBマガ
ジン「自由への扉」を創刊致しました。

「自由への扉」の創刊目的は、ただ一つ。

それは「3つの自由」を手にして頂くこと。
私が言う「3つの自由」とは

1、移動の自由

2、時間の自由

3、お金の自由

以上の「3つの自由」のことをさします。

当WEBサイト「ちきゅうを歩く、ある起業家の告白」でももちろんその方
法を伝えていきますが、WEBマガジンという極めて排他的な(限られた人
しか読むことの出来ない)媒体を使うことによって、より短期間で、より
具体的に、そして何よりも購読された方が結果を残して頂くことに焦点を
あわせ、定期的に配信させて頂きます。

当WEBサイト「ちきゅうを歩く、ある起業家の告白」は比較的情報をバラ
バラに扱っていますが、WEBマガジン「自由への扉」では、より体系的に
順を追って「3つの自由」を手にして頂く方法を伝えていきます。

現在、この記事を書いている時点で、2回程、WEBマガジンを通して情報
を発信しました。

1号目のWEBマガジンでは、これからの時代は一体どのような時代なのか
に触れ、その時代を生き抜いていく為には、今後、どのように生きていく
べきなのかを提示致しました。

2号目のWEBマガジンでは、具体的なプランについて述べています。今後
「自由への扉」では、どのような考えのもと、どのような方法を用いるこ
とで「3つの自由」を手にしていくのか。その具体的なプランとルートを
提示いたしました。

WEBマガジン自体は、無料で購読頂けますし、購読解除もいつでも好きな
時にできますので、是非お気軽にお読み頂ければと思います。

▼ 『自由への扉』 ▼














当サイト「ちきゅうを歩く、ある起業家の告白」とあわせて読んで頂くこ
とにより、より理解が深まるはずです。

何故、無料で公開させて頂いているのかと言えば、それはもう一言に集約
されます。

「最強の起業家集団を創るため」

これ以上でも、これ以下でもありません。
その目的を達成する為に、いよいよ、本格的に、動き出します。

以上、簡単ではありますが告知させて頂きました。

FROM:HIRO

※なお当サイトは、今後も日本時間を基準に記載します。


スポンサーサイト

世界中何処にいても生活できる自由なライフスタイルを確立する

2012年08月19日(日)

人は生きる以上、常に何かに縛られて生きている。
それはたとえ、「自由」を手にしたとしても同じだ。

人は生きる以上、常に何かに縛られて生きている。
だからこそ、人は「自由」を求めるのかもしれない。

当サイトは、まずあなたに「自由」を手にして頂く事を
目的としている。

私が考える自由とは

1、移動の自由

2、時間の自由

3、お金の自由

この3つをさす。

例えば、先にあげた、仲間がいい例だ。
先にあげた仲間に関して言えば、ある程度の時間をかけ
自分のビジネスを創り上げた。

その記事はこちら
海辺のバーでの出来事

彼が今のビジネスを創り上げるまでにかけた期間は2年。
たった2年費やしただけで、自分がそこにいなくてもまわ
るビジネスを構築した。

つまり、2年頑張っただけで、世界中自分がどこを歩いて
いようが人々に価値を提供し勝手に「お金」を稼げるシス
テムを構築してしまったということになる。

彼は、もともとビジネスは素人だった。
前職は、公務員。お役所勤めのお固い仕事だ。

一般的に言って公務員は雇用が安定しており自分で発起し
危険を冒してまでしてビジネスを持とうとは思わない人が
多い。

なぜなら、そのままの状態でも十分楽しめることはできる
しなにより一般企業よりも待遇面が良い。

「安定」という、言葉に縛られて、危険をおかしてまで何
かを起こそうとは思わない。

だが彼は、全く何も知らない状態で飲食店を始め今の状態
を2年で創り上げた。

まだまだ「自由」とは呼べないが、着実に「自由への扉」
を叩いている。

つまり、
自分が座っていなくても(移動の自由)
どこで何をしていようが(時間の自由)
勝手にお金を稼いでくれる(お金の自由)

を程度の差こそあれ、築いたということになる。

この中の「3、お金の自由」については話をきく限りでは
まだであるが、今の状態でも十分「自由」を楽しむ事がで
きる。

世界中、好きな時に、好きなだけ、好きな人と、歩くこと
ができる。

そこでいい出逢いに恵まれれば、また話が広がり、日本に
限らず世界中に様々なビジネスを展開してく事が可能だろ
うし、その可能性は果てしない。

私にビジネスを教えてくれたメンターの一人は、スペイン
のイビサ島にアジトを創ろうとしているし、また一人は、
世界中に投資会社をつくっているし、本当に自分の好きな
事を好きなだけ行っている。

私が、今後創っていく最強の起業家集団とは、最低ライン
として、3つの自由を手にいれ世界中を歩き様々なことを
共有できる仲間だ。

その自由を手にする為のコンテンツをこれから「告白」上
そして、メルマガというより排他的な媒体「自由への扉」
でより具体的に指針を示して行こうと思っている。


人は、自分の考えている人間になる。
何故なら、人は思考によって動いている人間であり、その
思考の結果が「今のあなた」であるからだ。

ひとは自分が考えた事を行動しその結果、それが経験や体
験となりその後の行動を形作る。

もしあなたが、現状を変えたいと思っているのなら、まず
は頭の中の考え方を変えていかなければならない。

「出来ない」と思ったら出来ない。
「出来る」と思ったらできる。

これはいささか、いい過ぎではあるが、ある程度は真実だ。
何故ならひとは「出来ない」と思った時点で、それらに対す
る情報を自動的にシャットアウトする。

だが、「出来る」と思っていると、それに関する、微妙な
情報を逃さずキャッチする。

以前の記事でも書いたが、人はそういう生き物なのだ。

だからこそ、私は常々言っているのだ。

「まずは頭の中の現実を変えて行かなければならない」

そして、何かをなし得たいと思うのなら、可能性を否定して
はならない。

そして何より、強く自分を信じ、周りから何を言われよう
が突き進んで行く覚悟がなければならない。

櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。