情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業とは自分自身を表現する事である。

2012年08月21日(火)

私は起業家が創るビジネスはアートだと思っている。
そして起業とは、表現方法の一つだと思っている。

画家は絵を描き、人の心を動かしお金をもらう。
歌手は歌を歌い、人の心を動かしお金をもらう。
職人は物を創り、人の心を動かしお金をもらう。

そして我々起業家は、商品やサービスを提供する事により
人の心を動かし、お金をもらう。

突き詰めていけば、一緒だなと感じる事がある。

もちろん厳密に言えば違う。
だがビジネスはアートの要素をはらんでいると思う。

つまりは、その人の感性。
ひとりの起業家の感性を具現化したものが、
ひとつのビジネスなのだ。

アートと表現した通り、起業家が思いついたアイデアは
多くの場合、そのままでは受け入れられない。

だからそれが受け入れられるように加工し、修正することが
必要となる。

多くの人がわかる言葉で説明をし、多くの人に、起業家の
本来ひとりよがりの芸術を受け入れてもらわなくてはならない。

起業家の仕事はアイデアを形にするのが仕事の一つだが
アイデアだけではビジネスは成立しない。

アイデアは材料に過ぎない。

それをもとにレシピをつくり、それを欲している人々に
届けなければならない。


アートだと表現したのにはわけがある。
その理由をあげれば、多くの場合、そのままの形では誰にも
受け入れられない場合が多い。

だから、受け入れられるように加工する。

スポンサーサイト

自分を過小評価していないか?

2012年06月18日(月)

ある富豪にあった時に言われたことがある。

「何をそんなにかしこまっているんだい?
それが今のあなたを表現しているようだね」

不覚だった。

私は、恐縮していたのだ。
だがそんなもの必要ない事に気がつかされた。

そのあと次のように言われた。

「堂々としていれば良い。どんな人でもかしこまる必要なんてない。
サラリーマンであるならばそうすることも必要だろう。ただ外の世界
ではそんなルールは無用だ。自分自身を上手に表現しなさい」


人は何かと他人と自分を比較し、その相手によって態度を変えてしまうものだ。
もちろん、それは悪い事ではない。

悪い事ではないのだが、様々な理由、事情により自分自身を過小評価して
しまっているひとがたくさんいる。

はっきり言えば他人の評価なんて関係ない。

あなたが、あなた自身がのぞんだ道、あなたが目指しているものに向かっているのならば
関係ない。

あなた自身が選んだ道をしっかりと歩んでいるのならば、周りがどう思おうと
全く関係ない事なのだ。

大物こそ、あなたの本質を見ている。
つまり外側の名誉や権威、お金の類いではなくあなた自身は何者なのかを見ている。

櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。