情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは自分自身の核をみつける

2012年07月16日(月)

切り口をかえ、何度も話してきた。

まずは自分自身の「核」をしることだ。
そこから全ては始まる。

「核」というのは何度も話している通り、自分自身に何が出来るのか?
何をしたいのか?誰に対してしたいのか?どうしてあげたいのか?

その他、それらに付随するものである。

逆を言えばそれさえ分かってしまえば、あとは、ただ実践あるのみ
となるので大きな仕事が終わったと言えるだろう。

世の中には、その核がわからず、ただ黙々と与えられた作業を機械的に
こなしている人が多い。

だから、自分の人生は一体なんなのだ、なんのために生まれてきたのだろう
とか考えてしまうのだ。

結局のところ、自分が産まれてきたことに意味なんてないと思う。
いや、ないというか、それをつくるのは他でもないあなた自身である。

もっといえば、自分はなんの為にうまれてきたのか、なんて他力本願な姿勢ではなく
あなた自身が何を成し得たいのかなのだ。

多くの成功者を見てきて思うのだが、自分の欲求に正直であり
また、その欲求を自らの事業に結びつける力が非常に強い。

一見すると、反社会的にみえるようなことでさえ、
自分の欲求につなげ世の中に提供している。

そんな彼らをみていると、究極的に言えば、人間、自分が一番大事なのだな
と思う時がある。

それに対しての答えはまだ私自身にはないが、多くの人々をみて
そう、私は思ってしまう。

だからこそ、まずは自分の欲求に正直になり、押さえる事なく
それを事業につなげる方向に頭を働かせることが成功への一番の
近道なのかもしれない。

スポンサーサイト

自分の欲求に正直に生きろ!

2012年06月08日(金)

大人になる過程において、自分の欲求を押し殺す教育を施される。
だが、しかし、起業家の間では欲求を押し殺す事は御法度である。

欲求に正直に生きる。

それが起業家として生きる道だと思っている。

欲求に正直にいき、世に溢れる欲求をビジネスに転換する能力。
それを軽やかに創り上げる事の出来るフットワークの軽さが必要だ。

なぜなら、あなたが思いついた事は大抵他の誰かも思いついている。
こんなものあったらいいな、こんなことできたらいいなと、他の誰か
も大抵は思っている。

私たちは、それらのことを具現化するのが仕事である。
それらの欲求に答え、ビジネスとして世の中に提供していくことが
私たちの仕事である。

以前、起業家の仕事とはアイデアを形にする事であると書いたが
まさしくそれだ。

人々の欲求に答える、そしてそれは同時にそれがあなたの欲求と重なった時。
その二つが結びついたとき、そこには大きな力が働き、ビッグビジネス
へと発展する。

起業家の仕事は欲求に答える事であるからして、常日頃から
四方八方にアンテナを張ることを忘れてはならない。

なぜなら、自らも欲求に正直に生きなければとらえることのできない
視点でもあるからだ。

ひとは知らず知らずのうちに、欲求を押し殺してしまう生き物だから
私たちは意識し、欲求を解放していかなければならない。

櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。