情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックナンバーvol11

2012年10月05日(金)

読みたい記事や気になる記事、タイトルに惹かれた記事を素早く
ご覧頂けるようにご用意しました。

過去に更新された記事をサクッと読まれたい方は、是非こちらの
バックナンバーからお読みください。


【LESSON 2】ショッピングモールでの談話


【LESSON 3】ノウハウなんて出尽くしています


【LESSON 4】必要なノウハウは全て無料で手に入れられます。


【LESSON 5】持ち味を生かし、自分だけの世界をつくる。


【LESSON 6】ヒットする商品はこうしてうまれる


【LESSON 7】ネットでウケる「キャラクター」の打ち出し方


【お知らせ】ビジネスの本質と、マーケティングについて


【LESSON 8】ターゲットを絞り、一部のひとに熱狂的に支持されるメディアをつくる


【お知らせ】世界をまたにかける起業家の「告白」

スポンサーサイト

【自由への扉】1、積み上げていく労働と、消費される労働

2012年09月24日(月)

※注意 以下に掲載する内容は、7月下旬に
「自由への扉」創刊準備号として、配信され
た内容です。



こんにちは、HIROです。


自由への扉(仮)創刊準備号をお送りします。
実はまだ正式にタイトルは決まっていません。


このままでいくのか、それともタイトル自体
を変えて行くのか。そこまでメルマガのタイ
トルにこだわりをもっていないので、現状だ
とこのまま、突っ走る気がします。


さて、まずは、「99%のひとが知らない た
った1%の成功の法則」をダウンロードして頂
きありがとうございました。ブログ記事を、一
冊の書籍にまとめたものとなりましたが、もち
ろんご満足頂けたかと思います。



▼まだの方は以下からどうぞ

『99%のひとが知らない たった1%の成功の法則』



8月からはいよいよコンテンツの内容が整っ
てきましたので「ちきゅうを歩く、ある起業
家の告白」で、WEBメディアを持ち実際にビ
ジネスとして、稼いで頂く具体的な方法につ
いて書き込んで行こうと思っています。


現在日刊にて、あげている記事はその前の下
地の段階、つまり、成功する為の考え方など
を思いのままに書きなぐったものとなります
のでよく落とし込んでおいてください。


土台がなければ建物が立たないように「考え
方」という土台がなければその上には、何も
立ちません。それほど、大事なことが現在日
刊で更新されています。



ちきゅうを歩く、ある起業家の告白




私は成功には、3つの要素が必要だと思って
います。


それは、信念、ビジョン、理念。
この3つです。


簡単に説明します。


まず1つ目、「信念」。


「信念」とは、何があってもそれを信じぬく
力の事です。要するに思い込む力。何があっ
ても、それを信じぬくことが出来る力。


たとえ、あなたの周りの人間が、いや、世界
中が「そんなものは成功しないよ」「絶対に
失敗するよ」と言われたとしても、あなただ
けは信じる事ができるか。


実のところ、それが大きな分かれ目です。
そして、異常なまでの信念こそが成功には不
可欠な要素です。



そして2つ目、「ビジョン」。
ビジョンとは、大きな目標のようなものです。


「志(こころざし)」と表現したら良いので
しょうか。


「こうしたい」「こうしてあげたい」とか
「世の中をもっとこうしたい」とかそういっ
た類いの物です。


これがなければ、あなたのビジネスを成功に
導く事は不可能です。もちろん、その場限り
で短期的に稼ぐ事は可能ですが長期的に、き
ちんとしたビジネスとして継続して行く事は
不可能です。



最後3つ目、「理念」。
これはいろんなところで言われているかと思
います。あなたのビジネスにおける、根本的
な考え方です。


行動指針のようなものです。
つまり、家でいう柱、木でいう幹の部分です。


理念なきビジネスは、すぐに倒れてしまう。
理念なきビジネスは、迷ってしまう。


つまり、大きな地図があるのにコンパスがな
いのと一緒です。どちらに向かったら良いの
か分からなくなる。


それほど、理念は大事です。



これだけですと、非常に漠然として分かりづ
らいと思いますので今回は特別にサービスし
ます。


メルマガを読んでくれているあなたはサイト
だけを読んでくれる人とは違い、特別な存在
ですので大サービス。


まだ、「告白」にアップしていない記事なの
ですが上記の要素を説明するのにわかりやす
いものとなっていると思うので、載せます。


ちなみに以下の記事はおそらく9月頃にアッ
プする記事です。一ヶ月も前倒しで、みる事
ができるあなたは、ラッキーです。


では、大サービスでその一部を・・・


【メディア運営の極意】ビジネスを立ち上げる時、何をすべきか


現在30記事程度ビジネスの構築法について
書き記してあり8月から、日刊で上にあげた
ような本物のビジネスの作り方そしてどこよ
りも具体的なビジネスの作り方を紹介してい
きます。


実はコレ、本来、お金を頂いて、講座として
行おうとしていたものです。


だがしかし、私の大きなビジョンを達成させ
る為には、そんなケチケチした事を行ってい
ても仕方がないと思い、特別に無料で公開す
る決意をしました。


是非、楽しみにしていてください。



ちきゅうを歩く、ある起業家の告白
(※ブックマーク必須です)



私は思います。


世の中には「積み上げる労働」と、「消費す
る労働」がある。そして、成功する為には積
み上げる労働をして行く必要がある。


それは、例えば、わかりやすくWEBで例をあ
げるならば、「積み上げて行く労働」は「サ
イト運営」にあたります。


そして「消費する労働」というのは、私が今
書いている、WEBマガのようなもの。


多くの場合、WEBマガは、一方的に送りつけ、
それ以外の人には読んでもらえず、消費され
ていきます。


もちろんステップメール等を使えば、新規で
集めたお客さんに対しては「積み上げて行く
労働」となりますが、真の意味で「積み上げ
て行く労働」にはなりません。



そして、その情報の中でも「積み上げてく情
報」と、「消費する情報」がある。


「積み上げて行く情報」というのは、変わら
ない情報。または、長期的にみて変化の少な
い、変わらない情報。


つまり、本質を突き詰めた情報のことです。


「消費する情報」というのは、日々変わって
行く情報です。例えば各種ニュースや、その
場限りのノウハウ。


ブームや、一時的な現象もこの類いの物です。


これらは全て「消費する情報」です。


時間と共に価値が変わってしまう情報。
つまり、出し抜きやスピードが最優先される
情報。


お金持ちになりたいのなら、資産を形成して
行きたいのなら間違いなく、「積み上げてい
く労働」をし、「積み上げて行く情報」を蓄
積する必要があります。


わかりますか?


「積み上げて行く労働」と、「積み上げて行
く情報の違い」が。


そう考えると、今巷にあふれる情報が如何に、
「消費されて行く労働」と「消費されて行く
情報」であるか。


それが、分かっている人はどれだけいるのか
その違いを説明している人が一体どれだけい
るのか・・・。


それに気づいている人がどれだけいるのか・
・・。


わかりますよね。



そして、実は私の意見や考えに近い書籍があ
ります。『ぼくたちはいつまでこんな働き方
をつづけるのか?』という最近出版された本
です。


主に資本主義とは何かについて、わかりやす
く書かれている本です。ドイツ人経済学者マ
ルクスの「資本論」の考えに基づき、資本主
義とはどういった構造をしているのかがわか
りやすくかかれています。


マルクス自体は共産主義をすすめている人物
ですが、その対比として資本主義の本質が書
かれているのです。


自由への扉(仮)を読んで頂いている方は、
是非、一読されてください。価格も900円
とお手頃です。



▼ オススメの本

【ぼくたちはいつまでこんな働き方をつづけるのか?】
著:小暮太一 出版社:講談社




私は、これから自由への扉と「ちきゅうを歩
くある起業家の告白」を連動させ自由に生き
て行く為の、その方法を全て、包み隠さず、
公開して行きます。


もちろん、このWEBマガを読んでくださるひ
としか手に入れる事の出来ない情報をうまく
取り入れて行きます。


それは当たり前の事です。
私のWEBマガ購読者は、サイトをご覧頂いて
いる方よりも優遇しなければなりません。


だからこそ、開かれたサイトではなく、限ら
れた人にしか配信できない排他的なメルマガ
でしか扱う事の出来ない情報を同時に配信し
て行こうと思っています。


そして最強の起業家集団を創り上げる。


それが私が、今後掲げて行く私のビジョンで
あり壮大なる目標です。



さあ、新しい旅がはじまりました。


それは自由を求める、あなた自身の物語です。
これから、あなたは今までの価値観、常識で
は生き抜いて行く事はできません。


これからは、これまでのあなたの価値観、常
識を変えて行く必要があります。


でも心配いりません。
私が、いや、私達がついているから。


そして、共に最強の起業家集団を創っていき
ましょう。


FROM:HIRO



▼ちきゅうを歩く、ある起業家の告白
WEBサイト:http://aearthwalker.blog.fc2.com/


▼ 『自由への扉』 ▼















プライバシーポリシーはこちら

バックナンバーvol10

2012年09月22日(土)

読みたい記事や気になる記事、タイトルに惹かれた記事を素早く
ご覧頂けるようにご用意しました。

過去に更新された記事をサクッと読まれたい方は、是非こちらの
バックナンバーからお読みください。


【メディア運営の極意】言葉を料理することによってニッチをつくりだす。


【メディア運営の極意】これからのメディア運営方法とその可能性について


【メディア運営の極意】一部の熱狂的なファンをつくり裏切る過程で大きくなる


【メディア運営の極意】破壊と創造を繰り返しメディアは大きくなる


【 メディア運営の極意】ビジョンを達成するためにビジネスは存在する


【お知らせ】無料WEBマガジン「自由への扉」創刊


【メディア運営の極意】様々な角度からひとつのことを伝える


【メディア運営の極意】すごいと思われるメディアを演出する


【メディア運営の極意】事業範囲を絞ることでしっかりとした柱をつくる


【達人の仕事術】達人達の仕事に学ぶ仕事術


【せどりの極意】せどりで稼ぎ、メディアを大きくする為に資金を投入する


【メディア運営の極意】ビジネスを立ち上げる時、何をすべきか


【自由への扉】1、積み上げていく労働と、消費される労働


【お知らせ】現在サイトマップの作成を進めております。


【LESSON 1】きっかけは一通のメールから

バックナンバーvol9

2012年09月21日(金)

読みたい記事や気になる記事、タイトルに惹かれた記事を素早く
ご覧頂けるようにご用意しました。

過去に更新された記事をサクッと読まれたい方は、是非こちらの
バックナンバーからお読みください。


【メディア運営】メディアを運営しキャッシュを生む仕組みをつくる


【メディア運営】メディアを運営することの醍醐味


【メディア運営】メディア運営は時間と場所を選ばずに出来る。


【メディア運営の極意】なぜあなたのサイトに人が訪れるのか?


【メディア運営の極意】ひとがインターネットを利用する理由はひとつ


【メディア運営の極意】その本質を知ることの意義


【メディア運営の極意】ビジネスは10回のうち9回は失敗する


【メディア運営の極意】ド素人が翌月から数百万円の裏側


【メディア運営の極意】利益を出すたった2つの方法


【メディア運営の極意】あなたのメディアに価値をもたらすたった一つの方法


【メディア運営の極意】表ワードではなく、裏ワードを徹底的に洗い出す


【メディア運営の極意】まずは、6割の完成度で市場に投入する


【メディア運営の極意】ユニークなメディアを運営する為の大前提


【メディア運営の極意】メディアを運営する上での市場選びの注意点


【メディア運営の極意】ニッチはこうしてつくる



バックナンバーのつづきは以下から

  → バックナンバーvol10

バックナンバーvol8

2012年08月26日(日)

読みたい記事や気になる記事、タイトルに惹かれた記事を素早く
ご覧頂けるようにご用意しました。

過去に更新された記事をサクッと読まれたい方は、是非こちらの
バックナンバーからお読みください。



「いいな」という考えを否定してはならない。


人は自分の器以上のことはできない、断る事も時には大事だ。


失敗はつきものだが、同じ失敗を繰り返すな!


時には、非人道的になることも大事だ。


海辺のバーでの出来事。


世界中何処にいても生活できる自由なライフスタイルを確立する


平均を目指すな!1分野でダントツになれ!


楽して稼ぐという発想はすてろ!結果的に楽になるだけだ!


起業とは自分自身を表現する事である。


【最強の起業家集団】自由を手にする為のプラン


【メディア運営】メディアを立ち上げ検索エンジンに認識させる。


【メディア運営】広告収入の基本


【メディア運営】自分メディアを持つことの意義


【メディア運営】情報を発信しあなたの仲間をつくる


【メディア運営】メディアを運営しメディアの価値を高めることで開かれる未来。



バックナンバーのつづきは以下から

  → バックナンバーvol9

櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。