情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守りに入るな!ひたすら攻め続けろ!攻め!攻め!攻め!!!

2012年06月30日(土)

「攻撃は最大の防御なり」

という言葉がある。

その言葉が意味するように、実は、守りなど
存在しないのだと私は思っている。

攻撃こそが最大の防御なのだ。

守るということは、停滞ではない、後退なのだ。

ライバルは常に先手先手を打って、今こうしている間にも
徐々に詰め寄ってきている。

攻撃をし続ければ、必ずチャンスは来る。
そして攻撃をし続ければチャンスを待っている間も
少なからず、ボディーブローのように徐々にダメージを
与え続ける事はできる。

だが一旦守りに入ってしまうと、あとは打ちのめされるだけだ。
ダメージを負うだけだ。

そこに建設的な要素はない。

だから、守りに入ってはならない。
何がなんでも常に攻撃をし続ける姿勢が大事だ。

ただ、勘違いしないでほしい。
ビジネスにはタイミングというものがある。

ただ闇雲に攻撃をしかければ良いという訳ではない。

タイミングはものすごく大事だ。
それ次第では一気に駆け上がることができる。

タイミングを合わせ、時代の波に乗ってしまえば
それだけであなたを高みに連れて行ってくれる。

だから、好機をまつのは守りではない。
攻めのひとつだ。

ひたすら攻めあるのみ。

攻撃は最大の防御なり。

スポンサーサイト

櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。