情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマンの仕事と起業家の仕事の違い

2012年05月23日(水)

おそらくこれまでも何度か話したことだと思う。

サラリーマンと起業家とは仕事に対する姿勢が180度違うと言ってもいい。

サラリーマンは与えられた仕事を如何にして効率よく処理するかに頭を使う。

それに対して起業家は、なんにもないところからどのように仕事をつくろうか
と言う部分に対して、頭を使う。

サラリーマンの仕事は、与えられた仕事をこなすこと。
起業家の仕事はアイデアを形にすること。

起業家の仕事は簡単に言えば、レシピをかんがえることに近い。

料理で言う、レシピを考えることに近い。

自分の持てる力、それには人脈等も含まれるが、それらを使い、
あるひとつのアイデアを実際の形にしあげる作業。

だから失敗が多い。

この失敗についての姿勢もサラリーマンとは違う。

サラリーマンは失敗を激しく非難される。
だが起業家は、失敗を進んで行う。

進んで行うというのは、いささか誤解を招く表現ではあるが
実際のところ、失敗の数が多い程、成功する確率はあがる。

要するに失敗のネタをどんどんつくり、そこから学び
次につなげていく姿勢の方が強い。

サラリーマンは、如何に失敗しないようにするかをひたすら
考える。

ミスをしてはならないと、教育されるからだ。

他にもたくさんあるが、パッと思いついたので、
とりあえず書かせて頂いた。



スポンサーサイト

何かを与えたら、何かが返ってくるという発想は捨てろ

2012年05月21日(月)

私たち起業家の仕事は、サラリーマンのように一定の安定した収入が
保証されている訳ではない。

私たち起業家の仕事は、サラリーマンのように仕事をしたら、必ず
その報いとして、報酬がもらえるというものではない。

私たち起業家の仕事は、結果としてお金になるかもしれないし
お金にならないかもしれない。

つまり、常に奉仕の精神でいなければならない。

ビジネスなのだから、ボランティアじゃないのだから
何かの見返りとして、お金を頂かなければならない。

ただ、それは時に大きな誤解を生む。

これだけやっているのに
これだけ与えているのに

つまり、私たちの仕事は、必ずしも努力と成果が
結びつく訳ではない。

そこを勘違いせずにいると気が楽になる。

何かをしたら、当然のようにお金がもらえるという発想は
早いうちに捨てた方が良い。

ただ、どのようにしてお金に結びつけるのか?
どのようにしてお金と結びつけていくのか?

そういう発想は捨ててはならない。

常に考え続けなければならない。



櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。