情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情を味方に付けろ!

2012年07月25日(水)

以前ビジネスは自分を表現する手段でありアートだと私は書いた。
アートであるからに、感情というものを利用して、あなたのビジネスを
表現するべきだ。

何か気に入らない事があったり、自分の中で煮え切らない感情というものを
うまく、自分のビジネスに結びつけてエネルギーとして転換する。

そうして出来たものは、経験上素晴らしいものに出来上がる。

やはり、人間は、感情あってこその生き物。
であるからして、その感情を注ぎ込まない手はない。

それに感情が伴っていないビジネスは、どんなに立派なビジネスであろうと
あまり魅力的に感じない。

それは、人には、感情には感情で反応するという性質があるからかもしれない。
例えば、口喧嘩をし、感情的な言葉を相手にいうと、感情的な言葉が返ってくる。

それと同じ事なのだと思う。

感情であたってこられたものに関しては、やはり感情で反応する。

不思議な事だが、結果としてそれが良い方向に傾く事が多い。

ビジネスには感情を注ぎ込むべきだ。
あなたの感情的エネルギーをあなたのビジネスに注ぎ込むべきなのだ。

スポンサーサイト

真っ白いキャンパスにあなたという人間を表現しろ!

2012年07月17日(火)

私は、ビジネスは自分を表現する手段の一つだと考えている。

だからこそ、面白し、やりがいがあるのだ。

世の中に、自分のアイデアや思いをビジネスというスキームを使い
提供する。

私は起業家とは究極のエンターテイナーだと思っている。
自分の思いつきや欲求を、人々の欲求と結びつけ、それを事業として
世の中に提供する、最強のエンターテイナーだと思っている。

ビジネスはアートだと思っている。

真っ白いキャンパスに自分の思いを自由気ままに書きなぐる。
ただ、それは、そのままでは世の中に受け入れられない。

だからこそ、ある程度世の中に合わせることが重要になる。

そのままでは自分本位の自分にしか理解できないアートに
なってしまう。

そうではなく、あなたのお客に受け入れられるアートに
修正していかなければならない。

そして、そうやって出来上がったものがひとつのビジネス
なのである。

だから、ビジネスというのは、自分の欲求やら自分の頭の中を
具現化する作業なのだ。

それも、多くの場合、一人ではなく、たくさんの人の協力のもと
自分の思いを具現化していく、大掛かりな作業なのだ。

櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。