情報商材アフィリエイト

情報業界ニュース

管理人:櫻井海都

櫻井 海都

Author:櫻井 海都


大学卒業後、大手IT企業に入社。キャリアを踏み間違えブラック企業に入社。あまりもの労働条件の過酷さにより退職するも、その後、転職した会社もブラック企業・・・という笑えない経歴を持つ。「このままでは、人生が狂ってしまう・・・なんとかせねば」と思い立ち、インターネットを使った副業ビジネスに手を染めはじめる。現在「自由に生きる」をテーマに活動しており、アフィリエイトで年収1億稼ぐ独自の方法論を教えることで、時間と場所にとらわれない生き方をする仲間を増やしている。

櫻井海都のメルマガはこちら

最新記事

最新コメント

  • ひとつのことに依存しない
    HIRO(06/21)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    HIRO(06/20)
  • あなたは、何者になりたいのか?なにをなしとげたいのか?それがわからず物事を成し遂げる事は出来ない!
    シン(06/19)
  • ちきゅうを歩く、ある起業家のブログ開始です。
    テスト(05/03)

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間とお金の関係について【置換することでわかりやすくなる】

2012年05月12日(土)

以前も少しお話ししたが、時間とお金の関係について、
もう一度整理しておこうと思う。


ビジネスをする上で、お金と時間という概念は非常に重要だ。
要するに、言い方は乱暴だが「お金で時間を買う」という考え方だ。

実は、これは普段の生活でもとっても身近な考え方でもあるのだ。
それを今回お話ししようと思う。

例えば移動手段を例に挙げよう。

あなたは東京から大阪に出張に行くとする。
主な手段は4つだ。

1.飛行機

2.新幹線

3.バス

4.車

この4つの移動手段の中で、様々な付帯条件、それにお金と時間を計算し
移動することになる。

それぞれのおおよその所要時間、運賃をみていこう。
※ここではわかりやすくするため正規の運賃で計算する。
また料金については改訂があるため、おおよその料金とする。


1.飛行機(羽田〜関空)
所要時間:約1時間10分
運賃:約20000円前後

2.新幹線のぞみ(東京〜新大阪)
所要時間:約2時間40分
運賃:約15000円

3.車
所要時間:約7時間
運賃:高速利用料金:約12000円 ガソリン代:約5000円

4.高速バス
所要時間:約8時間
運賃:4000円〜8000円


上から順番に早い移動手段である。
そしてそれに伴い、料金はあがる。

あなたは移動する時に、これらの移動手段の中で
あなたのお財布の事情、それに緊急なのか、緊急でないのか
様々な事情を考慮して決めていくことになると思う。

実はビジネスでいうお金と時間の関係もそれと同じようなこと
なのである。

様々な条件を考慮し、お金をかけるのか、それとも時間をかけるのか
それを選択する。

多くの人は、普段何気なく似たようなことをしているのに、
ビジネスというカテゴリーになると途端に分からなくなってしまう。

だからこそ、置換するという考え方が重要だ。

つまり、自分にとって身近なものに置き換える。

ビジネス上の考え方は普段の生活における考え方を
少しだけずらしたもの過ぎないのだから。

それを理解しないことで、多くの人は大損をしてしまっている事実に
気がついていない。

なぜ、飲み代の5000円は出せるのに、
あなたのビジネスに5000円は投資できないのか・・・。

その時点で方向を見失ってしまっていると私は思う。



スポンサーサイト

お金で時間を買うという感覚を覚えておいてほしい

2012年05月10日(木)

あなたに知っておいてほしいことがある。

それは遅かれ、早かれ、あなたにも必要となる
ある一つの考え方の話しだ。

考え方というか、避けては通れない道ではあるのだが
はじめの頃はあまり気にする必要はないと思う。

なぜなら、利益が出ていない状態では、あまり
必要のない話しであるからだ。

しかし、この考え方を知っておくことで、あなたのビジネスを
何十倍も加速することが出来る。

その点において、非常に重要な話のひとつである。

実は、これを話すのはまだ早いかと思い
少し迷った。

だが、今後必ず、この考え方が必要となるので
先にお話しておいた方がいいと思ったので、今回紙面を割いて
話しをさせてて頂くことにした。


私のブログを読めば、アイデアは当然のように出るはずだ。
そして、それをビジネスにつなげてゆく人が、当然出てくる。

これは自信を持って言える。
そういうコンテンツを今後当サイトでつくっていくのだから
ビジネスを構築できない方がおかしい。

出来ないはずがない。


今後当サイトをご覧頂き、あなたがある程度ビジネスを
構築することができたなら必ず直面する事態がある。

時間がいくらあっても足りないという事態に。

その解決方法は一つだけである。


お金で時間を買う。


この考え方が大事だ。


はじめの頃、あなたがビジネスを持ち、それがなかなか利益につながらない
時は大きくお金をかけることはない。

だが、ある程度ビジネスが軌道に乗ってきたのなら、お金で時間を買うという
考えが非常に重要となる。


これについては、後々詳しく書いていこうと思っているのだが
今はとりあえず、お金で時間を買うという考え方があるんだという
ことを頭に入れておいて欲しいと思う。


一般の人には、あまり知られていないのかもしれないが、
経営者は実は、これを良く理解している。


一例をあげよう。

例えば経営者は、自分の目指すべきビジョンを掲げ、それに共に立ち向かう
仲間(社員)を雇うことで、達成に向け動いている。

この場合、社員を雇うということが時間でお金を買うということになる。

これは一例であって、例えば他の方法として外注がある。
自分が雇うのではなく、外部に仕事を頼む方法だ。

これらについては今後詳細に話す。
なぜならこれこそが、世界各地を自由に歩きながら仕事をする上で
必要となる考え方のひとつだからだ。

とても大事な話しのひとつである。
あまり話しすぎても複雑になってしまうので今日はこれまで。


今日話したことで、重要なことはひとつ。

お金で時間を買う。

これをしっかりと覚えておいてほしい。



櫻井海都、オススメ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。